オイルランプと呼ばれるランプの数々

 このサイトで言う「主にレストラン等で使用されているオイルランプ」とは、炎の灯りを楽しむために用いるパラフィン系のオイルを燃料とするランプです。
 このような「定義」をつけて話をすすめていく必要がある程、オイルランプと呼ばれるものは、様々な用途・内容で存在します。オイルを用いたランプの総称を「
オイルランプ」と考え、ランプに求められる機能面から、大まかに分けて見ると「オイルランプ」がわかりやすくなると思います。
 ここでは、オイルランプと呼ばれる製品を、その機能の面から以下の3つに分けてご紹介していきたいと思います。

 1.照明器具としてのオイルランプ

 2.熱を加える道具としてのオイルランプ

 3.炎の灯りを楽しむためのオイルランプ                 

>>詳しくはコチラ

ランプ用途.jpg

オイルランプ」に使われるオイルの数々

 オイルランプに使われる「ランプオイル」も、ランプの種類と同様、用途によっていくつもの種類・性質があります。ランプの用途に応じてオイルが選択されており、オイルを間違えて使ってしまうと危険が伴うことがありますので、この章では、先程のオイルランプの3つの分類に沿って、使われるオイルについてご案内していきたいと思います。

 1.「照明器具としてのオイルランプ」に使われるオイル

 2.「熱を加える道具としてのオイルランプ」に使われるオイル

   3.「炎の灯りを楽しむオイルランプ」に使われるオイル       

>>詳しくはコチラ

オイル分類.jpg