オイルランプの利便性(安全性・経済性・メインテナンス性)

 多くの人が行き交う飲食店で「火を灯す」ということは、いかにその灯りに魅力を感じたとしても、安全性への不安や、火の始末にかかる手間やコストに懸念を感じることが当然ではないかと思います。
 ここでは、オイルランプの安全性や経済性、メインテナンス性など、「灯りの演出」を考える飲食店の方々が最も気になる点について、ご説明を加えながらオイルランプの利便性について、ご案内していきたいと思います。
OL-5000.jpg 
私たちがご紹介するオイルランプやランプオイルの品質が、テーブルの「炎の灯り」で店舗演出を考えられる飲食店様の要求に応えることができるものかをご確認いただければ幸いです。

オイルランプの安全性

炎.jpg オイルランプの安全性は、「火」そのものである灯りが不安定にならないようにすることから始まります。
 ここでは「灯りの安定性」として、「炎の位置」「炎の大きさ」「炎の揺れ」の3点について、オイルランプの炎が安定と安全を保つポイントをご紹介していきたいと思います。

>>詳しくはコチラ

オイルランプの経済性

 飲食店でテーブルを彩る灯りにオイルランプを使う場合、その経済性も大きな魅力の一つです。
ローソク.jpg オイルランプが普及する以前は比較的高価であったローソクが、中国品などの影響で安価に購入できるようになり、現在ではローソクの方が安価に炎の灯りを楽しめるといった印象があるようです。現状では、燃焼時間の比較でローソクとランプオイルはほぼ同等の価格になっていますので、単価の低いキャンドルホルダーを使うことを考えれば、導入時に安価に仕上げられる面があるのも確かです。
145ランプ.jpg しかしながら、灯りの提供を継続的に行う場合の「ランニングコスト」の面から考えると、オイルランプは経済性の面でもその利点を発揮します。この点については以外に見逃しがちな面もありますので少し詳しくご紹介していきたいと思います。

>>詳しくはコチラ

オイルランプのメインテナンス性

タンク.jpg 飲食店でオイルランプを継続的に使っていただく際の「利便性」のもう一つのポイントにメインテナンス性の良さがあります。
 これまでに述べた灯りの位置やオイルを使い切るといったオイルランプの特長がメインテナンス性にも効果を及ぼしています

>>詳しくはコチラ